太陽光発電 補助金 神奈川

太陽光発電の補助金|神奈川は国+県+市町村の合計で計算?

太陽光発電の補助金制度

太陽光発電の補助金は、国から支給ます。都道府県によっては県で支給される補助金に加え市町村でも補助金が支給される

 

場合があります。補助金のでる条件は国や県・市町村でも異なりわかりにくいところがあります。

 

しかしながら補助金がどれぐらい支給されるかで減価償却の年数が変わることもあり重要な部分でもあります。

 

本サイトでは、神奈川県の主要都市を例にとってどれぐらい補助金が支給されるか説明します。

 

太陽光発電の補助金|神奈川は国+県+市町村の合計で計算?

 

国からの補助金

 

H24年度の個人の補助金について説明します。

 

受付期間は、平成24年4月19日〜平成25年3月29日

 

まず、太陽電池モジュールの公称最大出力合計、またはパワーコンディショナの定格出力合計のいずれかが10kW未満である

 

必要があります。

 

一般家庭用の太陽光発電が平均4kWですから、よほど大きい住宅でない限り問題ない数値です。

 

では、実際の金額というと以下のようになります。

 

対象システム1kW当たりの補助対象経費 1kW当たりの補助金額

4kW搭載した場合の補助金

475,000円以下 35,000円 140,000円
475,001円以上550,000円以下 30,000円 120,000円

 

1kW当たりの補助金対象経費によって補助金の金額が異なります。経費が安いほど補助金が多く支給されることになります。

 

安い機器を購入すればするほど特かというそういうわけでもありません。安いは発電力が少なくトータルすると損になる場合

 

もあります。

 

475,000円以下にするよりも550,000円を超えないようにするべきでしょう。550,000円を超えると補助金は支給されません。

 

神奈川県および各市町村の補助金

国から支給される以外に県や各市町村でも太陽光発電の補助金が支給される場合があります。

 

国と同様に年度によっても変わりますし、県や市町村によっても異なります。

 

神奈川県はすべての市町村で補助金制度があります。

 

(先着順などで受け取れない場合もあります)

 

神奈川県

 

神奈川県 補助金 1.5万円/kW 上限 5.2万円

 

神奈川県内の各都市

 

神奈川県の代表的な市の補助金を紹介します。

 

市町村名

受付開始

受付終了

単価

上限

横浜市 H24.4.2 H25.1.31 1.5万円/kW 6万円
川崎市   H24.4.2 H25.2.15 2.5万円/kW 8.7万円
相模原市 H24.4.2 H25.2.15 2.5万円/kW 5.2万円
横須賀市 H24.4.2 H25.3.15 1万円/kW 3万円
平塚市 H24.4.2 H25.2.28 1万円/kW 4万円

 

 

実際の補助金は

 

例えば、1kW当たりの補助対象経費が48万の太陽光発電を横浜市で4Kw設置したとすると

 

3万×4(国)+5.2万円(神奈川県)+6万(横浜市)=23万2千円となります。

 

補助金には予算がありますので受付期間が終了していなくても終了する場合があります。

 

予算の消化ぐあいは、神奈川県や各市に直接問い合わせてください。

 

補助金を利用した場合の太陽光発電の価格は

 

補助金を最大限に利用することで太陽光発電がお安く買えることがわかりました。

 

補助金の利用額を含めて具体的な価格を決めるには、メーカーや機種・発電量を決める必要があります。

 

太陽光発電は、高額な買い物になるので複数の施工業者やメーカーの金額を比較してから購入したいものです。

 

複数のメーカーを選定できて簡単に見積もりができるサイトがあります。

 

タイナビというサイトです。

 

タイナビの特徴は

 

わかりにくいといわれる太陽光発電の見積もりを5分で入力

もちろん、あなたの住まいの補助金も計算します。

 

登録されている業者は安心

タイナビに登録されている業者は、厳選された信頼性のある業者ばかりですので安心して任せることができます。

 

タイナビ利用者の満足度は90%以上

タイナビ利用者の90%が満足と回答しています。

 

>>わかりにくい太陽光発電の見積もりがたった5分でタイナビの詳細<<

 

ホーム